DIYで簡単に!お庭で使える植物用棚の作り方♪【ホムセン棚】

今回、ホムセン棚を作ったので紹介します!

<b>ぐら</b>
多肉を置いたり、リメイク鉢を置いたりする濡れても劣化しない棚が欲しい!

という要望にお応えして、多肉植物用の棚を作りました。

<b>べあ</b>
雨に強く組立て簡単な棚が今回のミッションです。
目次

ホムセン棚って?

ホムセン棚“とは、ホームセンターに売っている『本来棚としての用途ではない商品』で作った、創作意欲溢れるDIY作品です!(自己満足の極みです)

今回作成したホムセン棚はこちらです!

ホムセン棚

ホムセン棚

我が家ではリメイク鉢置き棚として使っています。

リメイク鉢置き棚

リメイク鉢置きにピッタリ

<strong>ぐら</strong>
上の段には多肉植物を飾る予定です♡
濡れても平気だし、すのこタイプで水が溜まらないから水やりも気にせずに上からじゃぶじゃぶかけれます♪

見せて貰おうか、ホムセン棚の性能とやらを

グリーンの棚とブラックの支柱の組み合わせがいい感じです!

プラスチック製のスノコとL字アングルで作っているので軽いです!

かつ、スノコを使っているので軽量な割にはそこそこ頑丈です!

反面、L字アングルは比較的細いのでちょっと不安定さは否めません…

ですが、下段の棚位置を低くすることで不安定さはある程度抑制できる感じです。

重たいものは下段に

か細い脚なので重たいものは下段に…

スノコは”縁(フチ)”がないので滑り落ちやすいので、

それを考慮した上で使い方を工夫してくださいね。

対策としては、細かいものは箱などフチのある物に入れておくと安心ですよ。

軽いので風に弱いので固定するか、背面を壁にすると安心です。

あと、脚が細いので土の上で使うと脚が沈むかも

なので硬く安定したところで使うようした方がいいですね。

作り方は?

部品は近所のホームセンターで買ってきました。

押し入れスノコ

プラスティック製押し入れスノコ

L字アングル

L字アングル

これ以外には取り付け用のボルトが必要です。

外じめボルト

外じめボルト

べあ
ボルトは外側から締めるものを購入した方がいいです。なぜかというと、スノコとL字アングルをボルト留めする箇所が、内側から締められない(隙間が狭すぎて工具が入らない)構造になっているので、外側から締められるボルトを選んでいます。

部品は揃ったので早速組立てましょう。

ボルト用の穴を開けます

まずは、L字アングルをスノコに当てて穴位置に印をつけます。

L字アングルの穴位置で印をつけます

L字アングルを実際に当ててみて位置を決めます

印はこんな感じにつけました。

マジックで印をつけました

穴の大きさがわかるように印をつけます

あとは一気に穴を開けます!

ドリルなどで穴を開けます

私はインパクトのドリルビットでで穴を開けました

無事貫通!

ボルト穴が開きました

ボルト穴が開きました

べあ
穴をあける場合はそれに適した道具を使ってください。怪我をする恐れがありますので、ここは無理せず道具を揃えましょう。最近は100均でもDIY工具が売ってたりするので探してみてください。

ボルトで固定します

最後にボルトでスノコとL字アングルを固定していきます!

手でボルトを仮止めします

手でボルトを仮止めします

写真でもわかるようにスノコの取り付け位置の隙間が

指1本しか入らないのでボルトはやっぱり外じめタイプがいいですね!

工具を使って本締め

工具を使って本締め

仮止めが終わったら、工具を使って本締めして完成!

完成です!

完成です!

組立て工程は簡単2ステップ

メリットとデメリット

メリットとデメリットのおさらいをしましょう!

メリット

  • 簡単に作れる
  • 色合いがいい感じ
  • 軽い
  • 以外と頑丈
  • 雨に強い
  • すのこタイプで水が溜まらない
    (植物を置いたまま水やりしても根腐れの心配なし)

デメリットとその対策

  • 不安定…下段棚を出来るだけ低い位置に取り付けましょう
  • 滑りやすい…フチのあるトレーや箱を使いましょう
  • 風に弱い…風が当たらないよう壁などの近くに置きましょう
  • 脚が沈みやすい…出来るだけコンクリートなど硬いものの上に置きましょう

 

<b>べあ</b>
ミッションComplete!
<strong>ぐら</strong>
大変よくできました!

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています!

ポチっと押していただけたら嬉しいです♪

↓ ↓ ↓


ログハウスランキング

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

プログラム歴20年弱のエンジニアです。
公私ともに”作る”をテーマに日々過ごしています。
「効率化」と対局にある「手間を楽しむ生活」を求め、
築18年のログハウスをリノベーションし2019年に移住しました。
大好きなガジェット・ツールに囲まれながらDIY、薪活、アプリ開発を楽しんでいます。

目次
閉じる