水やりへっちゃら!100均DIYで作る多肉植物のカゴをご紹介♪

今回は100均で買えるものだけで、多肉植物を持ち運びするカゴを作ってみました。
名付けて『あみあみ多肉カゴ』

多肉植物のお世話をするのに、鉢が増えてくると管理やお世話が大変ですよね。

鉢が増えると移動も1つ1つ運ぶのは非効率だし大変!

そこで、多肉植物の鉢を入れていっぺんに管理できる入れ物を作ることにしました。

多肉植物管理者のぐらからの条件はこれでした。

  1. 水やりをしても底に水が溜まったり、劣化したりしない素材のもの。
  2. 可愛いリメ鉢が隠れないもの。
  3. 鉢を複数入れても「歪んだり」「たわんだり」しないしっかりしたもの。
  4. そんなに予算をかけないで作れるもの。
  5. おしゃれなもの!
<strong>べあ</strong>
なかなか厳しい条件…。
でも、この条件を全て満たしたカゴ、完成しました!
<strong>ぐら</strong>
【追記】
新たな使い方を発見しました。葉挿しの置き場に困っている方、必見です♪
目次

用意するものは?

『BBQ網』50cm×30cmサイズを2枚と
『アルミ自在ワイヤー』(3.0mm×2.1m 番手#11)を1つです。
これだけです。
材料費は330円(税込)です!

BBQ網とアルミ自在ワイヤー

BBQ網とアルミ自在ワイヤー

使う工具は『ラジオペンチ』と『プラスドライバー』です。

<strong>べあ</strong>
多分工具使わなくても作れますが、
怪我しない為にも工具を使うようにしてください。
怪我したら楽しさ半減してしまうので…
ここはケチらず工具は揃えるようにしてください。
100均一で購入可能だと思うので探してみてください。

BBQ網を『コの字』に曲げます!

30cm×30cmのカゴにしたいので、BBQ網2枚を『コの字』に曲げます。

曲げるところは、長辺(50cm)の『端から10cm』を90度曲げます。

まずは、曲げる前に網の端から10cmのところに印をつけます。

長辺(50cm)の両端10cmのところに印をつけます

長辺(50cm)の両端10cmのところに印をつけます

次は、印を中心に曲げます。

印を中心にギューッと曲げます

印を中心にギューッと曲げます

多少印からずれても大丈夫です

多少印からずれても大丈夫です

 

<strong>べあ</strong>
私は慣れっこなので素手で作業していますが、
女性の方や肌の弱い方は手袋をして作業した方が安心です。

アルミワイヤーで『ねじねじ』を作ります!

次に、『コの字』にした網同士を繋げる『ねじねじ』をアルミワイヤーでつくります。

カゴの4隅を固定するので4つつくります。

ここで『ラジオペンチ』と『プラスドライバー』を使います。

<strong>べあ</strong>
私は『ねじねじ』を『左巻きねじねじ』2つと『右巻きねじねじ』2つの合計4つ作りました。
『左巻きねじねじ』2つと『右巻きねじねじ』を作る理由は、
組み立てのところでお話します。

アルミワイヤーをラジオペンチで螺旋状に『ねじねじ』します。

ラジオベンチの先端を使ってバネみたいにねじねじします

ラジオベンチの先端を使ってバネみたいにねじねじします

ある程度(4巻程度)ねじねじしたらプラスドライバーで形を整えます。

ねじねじの太さが同じになるように整えます

ねじねじの太さが同じになるように整えます

ラジオペンチの根本を使ってねじねじを切り離します。

完成したねじねじ

完成したねじねじ

組み立てます!

『コの字』に曲げたBBQ網を『ねじねじ』したアルミワイヤーで固定します。

『コの字』に曲げたBBQ網を90度交差させて『ねじねじ』で四隅を固定します。

カゴの角に『ねじねじ』をクルクルと回転させならが差し込んでいきます。

ねじねじを使って網同士を固定します

『ねじねじ』を回転させながら差し込みます

<strong>べあ</strong>
『左巻きねじねじ』と『右巻きねじねじ』についてです。
そうする理由は、網を重ねているので4隅に段差が発生していて、
(『右側が高い』と『左側が高い』の2種類あります)
同じ方向の『ねじねじ』だけだどちらかがうまく入っていかない場合があります。
その対策として、ねじねじを『左巻きねじねじ』『右巻きねじねじ』を用意します。

最後に残ったアルミワイヤーで取手をつくります。
30cmの長さに切ったアルミワイヤーを『コの字』曲げてカゴに引っ掛けます。

ねじねじして取手をつけます

ねじねじして取手をつけます

ここでも『ラジオペンチ』を使っていきます。
アルミワイヤーを『縫う」ようにラジオペンチで、くるくるっと『巻きつけ』ます。
1巻くらいだと取手が取れてしまうので、最低2〜3巻くらいは巻いてください。

これで完成です!

はい出来上がり

はい出来上がり

作ってみてどう?

カゴ自体をBBQ網で作ったので『水がたまらない』『木製と違い腐らない

今回のオーダーの『水やりしても気にならない多肉カゴ』は作れたと思います。

しかも、全て網なので『かわいいリメイク鉢が映える』のです!

『キッチリ』作らない方が『味』が出て良いとおもいます。

それに、材料費が330(税込)なのでお財布に優しいです。

あとは、底部分がBBQの網が2重になっているので、

そこそこ大きめの多肉ちゃんを入れても『安定感』があり安心して運べます。

ガシガシ使いたいのでここは重要なポイントですね。

意外と安心感があります

結構と安定感があります

『ホムセン棚』に置いてもいい感じです。

ホムセン棚にもピッタリ

ホムセン棚にもピッタリ

あわせて読みたい
DIYで簡単に!お庭で使える植物用棚の作り方♪【ホムセン棚】 今回、ホムセン棚を作ったので紹介します! という要望にお応えして、多肉植物用の棚を作りました。 【ホムセン棚って?】 "ホムセン棚"とは、ホームセンターに売ってい...
<strong>べあ</strong>
今回の出来はどう?
<strong>ぐら</strong>
持ってみたらかなり安定感があったのでビックリ!
想像した以上にしっかりしてるね。
大変よくできました!

BBQ網は100円均一の安いものを使うようにしてください。
ホームセンターのものはシッカリし過ぎているので手で曲げる事ができません。
選んでも良いですが扱いずらいので怪我をする原因にもなりますので、
加工し易いものを選ぶようにして下さい。

アルミワイヤーですが、細い物は使わないようにしてください。
多肉ちゃんもそこそこ重さがあるので重さに耐えられず、
カゴがバラバラに壊れる可能性もあります。
できるだけ『加工し易い』かつ『ある程度の強度』があるものを使うようにしてください。

新たな使い方発見

この水切りカゴを作ってくださったフォロワーの方が、新たな使い方を発見してくれました!

このカゴ、プラグトレー半分、または連結ポットがすっぽり入る大きさでした♪(計算ではなく偶然の産物です)

取っ手を付けずに

プラグトレーor連結ポットを入れて

斜めに互い違いにすれば重ね置き可能です!

葉挿しスペース足りない問題に一石を投じてくれそうなアイデアです♪

葉挿しなら太陽の光は必要ないし、風通しも問題なさそうです。

フォロワーの方は4段重ねまでいけたと連絡くれました。

葉挿しの置き場所で困っている方、ぜひお試し下さい!

<strong>ぐら</strong>
作った本人も気付かなかった新たな使い方を発見してくれてありがとうございます♪

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています!

ポチっと押していただけたら嬉しいです♪

↓ ↓ ↓


ログハウスランキング

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

プログラム歴20年弱のエンジニアです。
公私ともに”作る”をテーマに日々過ごしています。
「効率化」と対局にある「手間を楽しむ生活」を求め、
築18年のログハウスをリノベーションし2019年に移住しました。
大好きなガジェット・ツールに囲まれながらDIY、薪活、アプリ開発を楽しんでいます。

目次
閉じる