【ふるさと納税】初めてでも簡単♪ふるさと納税の仕組みと始め方

皆さん、ふるさと納税やってますかー?

ぐら

あーいうの調べるの面倒でしんどい💦
よくわからない制度には手をだすのは止めておこう。

面倒くさがり屋の私はそう思って手を出していませんでした。

でも、会社の人たちが「ふるさと納税いいよー。」「ワンストップ特例制度があるから別に面倒じゃないよ。」と口々に言うので気にはなってました。

そして数年前、一念発起してふるさと納税に挑戦!

今では、

ぐら

ふるさと納税サイコー!!

ってなりました。(笑)

そこで、初心者の人でも出来る簡単なふるさと納税の説明をしたいと思います。

この記事はこんな人におススメです!
  • ふるさと納税が気になっているけどやった事がない人
  • 結局、ふるさと納税ってどういう制度なのかよくわからない人
  • 具体的なやり方を知りたい人
  • お勧めの返礼品が知りたい

簡単ズバッと説明します♪

目次

ふるさと納税とは

ぐら

現在自分が住んでいる市町村(住民票を提出している市町村)以外の市町村に寄付が出来て、寄付をすることで住民税や所得税が控除される制度のことです。

控除される金額はどう計算される?

一年間の寄付金合計 ― 2,000円 = 控除金額 になります。

※ただし、控除を受けられる金額には上限があります。(この上限額は納税額により変わります。)

自分の上限額の調べ方は?

『楽天ふるさと納税』や『ふるなび本舗』などのふるさと納税ポータルサイトにいくと自分の年収等を入力すれば自動計算してくれる便利な機能があります。

A市とB市に1万円づつ寄付した場合、自己負担金はA市の分で2,000円、B市の分で2,000円の合計4,000円になるの?

自己負担金は一年間で2,000円なので、複数個所に何回寄付しても2,000円になります。

ぐら

つまり、ふるさと納税は
実質2,000円の自己負担金で返礼品が手に入るとてもお得な制度なのです!

まだまだ疑問に答えます!

減税されるって実際にどこから減税されるの?

1.ワンストップ特例申請で手続きをした場合

翌年の住民税から減税されます。

翌年に支払う住民税 - ( ふるさと納税額 - 自己負担金 ) = 実際に翌年に支払う住民税

<例>年間で5万円のふるさと納税をした人がワンストップ特例手続きした場合

翌年の住民税が10万円だったとしたら…

100,000 -( 50,000 - 2,000 ) = 52,000-

となるので、払うべき住民税10万円が48,000円減税されて、実際払う住民税は52,000円になりました。

べあ

一年間の寄付金合計から2,000円を差し引いた48,000円が住民税から控除されたんだね。

2.確定申告で手続きした場合

既に収めている所得税と、翌年の住民税から減税されます。

※減税される金額はワンストップ特例制度の場合と確定申告の場合と同じ金額です。

所得税からは還付という形での減税となります。

所得税からの還付額の算出式はこうなります。

所得税からの還付額 = ( ふるさと納税額 - 自己負担金 ) × 所得税の税率(0~45%)
※所得税率は収入や扶養によって異なります。

所得税からの還付額は、還付金指定口座に振り込まれます。

残りの減税分は翌年の住民税からになります。

翌年に支払う住民税 - ( ふるさと納税額 - 自己負担金 ー 所得税からの還付額 ) = 実際に翌年に支払う住民税

<例>年間で5万円のふるさと納税をした人が確定申告手続きした場合(年収600万、扶養なしの所得税率20%とする)

所得税からの還付額 = ( 50,000 - 2,000 ) × 20% = 9,600-

なので、まず9,600円が還付金指定口座に振り込まれます。

次に、住民税の計算をします。

100,000 -( 50,000 - 2,000 - 9,600 ) = 61,600-

払うべき住民税10万円が38,400円減税されて、実際払う住民税は61,600円になりました。

所得税からの還付金9,600円と住民税の減税額38,400円を足すと48,000円になります。

べあ

一年間の寄付金合計から2,000円を差し引いた48,000円のうち9,600円が所得税の還付金で戻ってきて、残りの38,400円が住民税から控除されたんだね。

ふるさと納税の控除申請を忘れてしまったら?

ワンストップ特例の申請は無理ですが、5年以内なら確定申告が出来るので忘れずに5年以内に確定申告の手続きをしましょう

ふるさと納税の手順

べあ

具体的に何をすればふるさと納税出来るの?

ぐら

手順を説明するね♪

STEP
ふるさと納税ポータルサイトを選ぼう

ふるさと納税ポータルサイトはたくさんあります。

それぞれ特典も違うので、自分にあったポータルサイトを選ぶのがいいと思います。

ぐら

私が気になっているのはこちら。
今年は違うポータルサイトでやったけど、来年は新しいポータルサイトに切り替えようかな♪

【1】ふるさと本舗

ふるさと本舗』では「Amazonギフト券プレゼント」や「paypayボーナス付与」のキャンペーンが魅力的なポータルサイトです。

ふるさと本舗

【2】楽天ふるさと納税

楽天ふるさと納税』は、楽天ポイントが使えたり楽天ポイントが貯まるので楽天会員のひとにお勧めです。

楽天市場

【3】さとふる

さとふる』は決済方法を携帯料金と一緒に支払うことのできるキャリア決済に対応していたり、6年連続利用率NO.1の実績があるポータルサイトです。

さとふる
べあ

他にもポータルサイトは沢山あるよ!

STEP
寄付金限度額を調べよう

各ポータルサイトに寄付金限度額を調べることが出来るシミュレーターがあります。

大抵「簡易版」と「詳細版」があるので、ざっくりとした金額でもいい人は「簡易版」を、きっちりとした金額を知りたい人は「詳細版」を選んで控除限度額を調べましょう

STEP
寄付する自治体や返礼品を選ぼう
ぐら

返礼品を選ぶときが一番楽しい~♪

寄付したい自治体を選びましょう。

好きな自治体を選ぶも良し、欲しい返戻品で選ぶも良しです。

寄付できる自治体の数に上限は無いですが、『ワンストップ特例制度』と使いたい場合自治体は5つ以内にすることを忘れないようにしましょう。

ぐら

ワンストップ特例制度は後で詳しく説明します。

STEP
寄付の手続きをしよう

寄付をする自治体が決まったら、寄付の手続きをしましょう。

ふるさと納税ポータルサイトでの申し込みなら、寄附申込みフォームに必要事項を入力して申し込みするだけで寄付の手続きが完了します。

ぐら

ふるさと納税ポータルサイトを使うと面倒な手続きが必要ないので便利です♪

STEP
返礼品や寄付金受領証明書やワンストップ特例制度の申請書を受け取ろう

寄付をした自治体から「返礼品」や「寄付金受領証明書」や「ワンストップ特例制度の申請書(ワンストップ特例制度を申し込んだ人のみ)」が送られてきます。

べあ

返礼品が届くと嬉しくなるね♪

確定申告をする人は寄付金受領証明書」が、ワンストップ特例制度を使う人「ワンストップ特例制度の申請書」が必要になります。

ぐら

無くさないようにしましょう!

STEP
控除を受ける手続きをしよう
パターン
ワンストップ特例制度を使う場合

下記の2つの条件に当てはまっている人はワンストップ特例制度が使えます。

  1. ふるさと納税以外の確定申告や住民税申告をする必要のない方
  2. 年間の寄付先が5か所以内の方

寄付した自治体から「ワンストップ特例制度の申請書」が送られてくるので、その申請書と必要書類を1月10日(必着)までに郵送します。
※必要書類や書き方についての説明書が自治体から一緒に届きます。

確定申告をすると、ワンストップ特例制度の申し込みはキャンセル扱いになります。
住宅ローン控除の1回目の申し込みがある、医療控除の申し込みをするなど確定申告が必要になった場合は、ワンストップ特例制度を申し込んでいても確定申告の方で再度手続きが必要になります。

STEP
ふるさと納税の控除手続きを確定申告でする必要がある人
  1. 年間の寄付先が6か所以上ある方
  2. 医療控除の申告がある方
  3. 住宅ローン控除の1回目の方
    ※2回目以降は年末調整で控除されるので問題無し
  4. 一定額の所得が2か所以上からある方
  5. 2,000万以上の給与所得がある方
  6. 個人で事業を行っている方
  7. 不動産収入のある方
ぐら

①以外の条件はふるさと納税以外で確定申告が必要な人ってことですね。

確定申告の手続きで、寄付について記入する項目があるので、そこにふるさと納税を記載します。またその際に、各自治体から送られてきている「寄付金受領証明書」を提出する必要があります。

べあ

どちらの方法でもいいですが、手続きを忘れると控除してもらえないので、手続きは忘れないようにしましょう!

終わりに

分かっているようでしっかり分かっていなかった「ふるさと納税のやり方」をご紹介させていただきました。

べあ

『ふるさと納税』気になってきましたか?

ぐら

ふるさと納税、おススメですよ!

余談...

我が家では、ふるさと納税で普段は購入しない牛肉を頼んで、すき焼きを楽しみました♪

すき焼き
すき焼き
ぐら

とっても美味しかったです♡

関連記事ご紹介

ふるさと納税をやったら、控除されたかしっかり確認してみましょう!

確認方法はこちらの記事をどうぞ。

最後までご覧いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています!

ポチッと押して頂けたら嬉しいです♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

田舎暮らしなんて無理!って思っていたのに、
引っ越してみたらすっかりハマって毎日満喫!
皆さんにも田舎の良さを知って欲しいと、
田舎の良さを布教中♪

目次
閉じる