アイスボックスクッキーレシピ【砂糖控えめ】

ぐら
市松模様のクッキーを作ろう♪

前回、砂糖控えめのパウンドケーキを作りました。

パウンドケーキの作り方、砂糖の減らし方はこちらに載っています。

あわせて読みたい
【砂糖控えめ】それでも美味しいパウンドケーキレシピ 砂糖の量を減らしても美味しさそのままのパウンドケーキを作りました。砂糖をギリギリまで減らしてほんのり甘いパウンドケーキです。チーズ味はバターの量を1/3まで減らして、代わりにクリームチーズを入れているので栄養アップで体に優しいパウンドケーキになりました。

自分で砂糖の量を調節し、砂糖の種類も自分の好きな砂糖「素焚糖」を使って作ったらとても美味しく体にも優しいものが作れたので、今度はアイスボックスクッキーでやってみようと思ったのです。

【この記事はこんな人におススメです!】

  • アイスボックスクッキーの作り方を知りたい方
  • 可愛い市松模様の作り方を知りたい方
  • 体に良い砂糖でクッキーを作りたい方
ぐら
簡単なので、お子さんと作るのもお勧めです♪
目次

アイスボックスクッキーのレシピ

材料

  1. 砂糖(素焚糖)135g
  2. バター1箱(200g)
  3. 卵 小2個
  4. バニラエッセンス適量(5滴)
  5. 【A】小麦粉(薄力粉)200g
  6. 【B】小麦粉(薄力粉)170g
  7. 【B】純ココア30g

純ココア

砂糖を、普通であったら180gのところを135gに減らしています。

砂糖は、素焚糖を使っていますが、白砂糖でも、粉砂糖でも作れます。
黒砂糖やてんさい糖で作ってみても味わいが変わって美味しいと思います。
体に良い砂糖で優しいお菓子を作るのもお勧めです。

砂糖について色々調べてみました♪

あわせて読みたい
おすすめの砂糖「素焚糖」きび砂糖との違いとは? 「素焚糖」の特徴やおすすめポイントを纏めました。「素焚糖」と「きび砂糖」の違いの他に、「黒砂糖」や「てんさい糖」の特徴や違いも纏めているので、自分の好みの砂糖を見つけてみませんか。用途で使い分けるのもおススメです。

作り方

下準備

  1. バターを冷蔵庫からだして常温にしておく
  2. 卵を卵白と黄身に分けておく

1.ボールにバターを入れて泡だて器で混ぜる

↓泡だて器でしっかり白っぽくなるまで混ぜます。

ぐら
ここでのコツは
バターは常温で柔らかくしてから混ぜるようにすることです。

2.砂糖を加えてさらに混ぜ合わせる

↓砂糖を投入後さらに混ぜます。

3.卵白を加えてさらに混ぜる

※少しずつ入れます。

4.黄身を加えてさらに混ぜる

※1個ぶんずつ入れます。

↓しっかり混ぜていきます。

こんな感じに生地が滑らかになるまで混ぜ合わせます。

ぐら
溶き卵を混ぜると分離しやすいですが、この方法だと分離しずらいです♪

5.作った生地を2つに分けます

5.分けた生地の一つに【A】をふるって入れる

ぐら
小麦粉は必ずふるいましょう

6.小麦粉をきるように混ぜる

小麦粉は練ってはいけないので、木べらやゴムベラで「切るように」混ぜます。

ぐら
混ぜすぎ注意!小麦粉は混ぜすぎるとグルテンがでて膨らみにくくなっちゃいます💦

7.もう一つの生地に【B】をふるって入れる

8.小麦粉とココアをきるように混ぜる

ぐら
こちらも混ぜすぎ注意ですよー!

9.生地を伸ばして冷蔵庫で冷やす

プレーンとココアの両方の生地をそれぞれ厚さ2cm幅8cmに伸ばす

ぐら
ラップに包んで伸ばします。

伸ばした生地を硬くなるまで(約1時間)冷蔵庫で寝かせます。

10.硬くなった生地を市松模様にする

硬くなった生地をそれぞれ縦4本に切ります。

↓それを市松模様になるように重ねてラップに包んでさらに冷蔵庫でさらに30分程度寝かせます。

こんな風に市松模様になるように重ねます。

11.生地をカットしオーブンで焼く

寝かせた生地を5mm程度の厚みにカットし、オーブン皿に並べ170℃に余熱したオーブンで10~15分焼きます。

12.完成

焼き色がついたら出来上がりです。




 

スイーツレシピのご案内

アイスボックスクッキー以外にも砂糖控えめな体に優しいお菓子レシピを作ってます♪

その他のレシピはこちらから見れます 

あわせて読みたい
砂糖控えめお菓子のレシピ一覧【美味しさはそのままキープ!】 皆さんは、市販の焼き菓子を食べる時、砂糖の多さや種類が気になったことがありませんか? パウンドケーキやマフィン、クッキーが食べたい♡ そう思っても、それらの市販...
ぐら
他のお菓子もお勧めです♪

クッキーの食べごろ

アイスボックスクッキーの食べごろは、出来立てよりも一晩おいた次の日の方が美味しいです。

パウンドケーキと一緒で、バターを使っているので一晩おいた方がバターが生地に馴染んで美味しくなるのです。

べあ
なるほど、バターを使っているお菓子は出来立てより時間を置いた方がいいんだね。

クッキーの保存期間、保存方法

『焼いた後のクッキー』は常温保存で約1週間です。

湿気は大敵なので密封出来る容器や袋に乾燥材と一緒に入れておくのがベストです。

『焼く前の生地』は冷凍保存可能で約1ヶ月持ちます。

この状態を保存袋に入れて冷凍します。

焼く前に冷蔵庫で自然解凍し、カット出来る柔らかさになったらカットして焼きましょう。

実食♪

次の日に早速食べてみました。

ぐら
甘さ控えめで大人の美味しいクッキーでした♪
べあ
子供用には砂糖の量を180gにしてもいいかも。

クッキーは、生地を伸ばしたり好きな模様を作ったりの工程が楽しいので、子供と一緒にお菓子作りをするのにもってこいだと思います♪

休日に子供とお菓子作り楽しんでみてはいかがですか?

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています!

ポチっと押していただけたら嬉しいです♪

↓ ↓ ↓


ログハウスランキング

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

田舎暮らしなんて無理!って思っていたのに、
引っ越してみたらすっかりハマって毎日満喫!
皆さんにも田舎の良さを知って欲しいと、
田舎の良さを布教中♪

目次